エアコン付き賃貸を借りるなら、必ず確認したいポイントとは?

New

夏の暑い日には、エアコンがない部屋は非常に不快です。そのため、多くの人がエアコン付きの賃貸物件を探しています。しかし、賃貸物件の中にはエアコンがない場合もあります。そこで、今回はエアコン付き賃貸を借りる前に必ず確認したいポイントについて説明します。


1. エアコンの数と場所を確認する

まずは、物件にあるエアコンの数と場所を確認しましょう。たとえば、エアコンがあるのはリビングルームだけで、寝室にはない場合もあります。そのため、夜寝るときに涼しくなくて寝苦しい思いをすることがあります。エアコンがある部屋の広さも確認しておきましょう。


2. エアコンの種類を調べる

エアコンの種類には、窓用エアコン、壁掛け型エアコン、天井埋め込み型エアコンなどがあります。物件によっては、窓用エアコンしかなかったり、天井埋め込み型エアコンがあったりする場合もあります。自分が使いやすいエアコンの種類を確認しておきましょう。


3. エアコンの年式を確認する

物件にあるエアコンの年式も確認しておきましょう。古いエアコンだと、故障する可能性が高くなります。また、古いエアコンは効率が悪く、電気代が高くなる場合があります。新しいエアコンがある物件を選ぶと、故障の心配も減り、電気代も節約できます。


4. エアコンのメンテナンスの状況を確認する

エアコンは定期的なメンテナンスが必要です。物件によっては、入居前にメンテナンスをしてくれる場合もありますが、そうでない場合もあります。そのため、エアコンのメンテナンスの状況を確認しておきましょう。メンテナンスがされていないエアコンだと、不快な臭いがする場合があります。


5. エアコン付き物件の借り方に注意する

最後に、エアコン付き物件を借りる際には、注意が必要です。エアコンがあるからといって、必ずしも賃料が高くなるわけではありません。また、エアコンのメンテナンスや修理費用を誰が負担するのかも確認しておきましょう。賃貸契約書には、エアコンに関する記載があることがありますので、よく読んでおきましょう。

以上のように、エアコン付き賃貸を借りる前には、いくつかのポイントを確認しておくことが大切です。エアコンの数や場所、種類、年式、メンテナンスの状況を確認することで、快適に過ごせる物件を見つけましょう。


5つのよくある質問


1. エアコンがない物件でも、自分で取り付けることはできますか?

原則的には、賃貸物件においては自分で設備を取り付けることはできません。しかし、一部の物件では取り付けが可能な場合があります。その場合でも、必ず事前に大家さんに確認しておきましょう。


2. エアコンの故障や修理費用は誰が負担するのですか?

エアコンの故障や修理費用は、契約書によって異なります。一般的には、大家さんが修理費用を負担する場合が多いですが、修理費用を借り手が負担することもあります。契約書をよく読み、確認しておきましょう。


3. エアコンのメンテナンスはどのくらいの頻度で行うべきですか?

エアコンのメンテナンスは、1年に1回以上行うことが推奨されています。メンテナンスを怠ると、故障する原因になるだけでなく、不快な臭いや異音がすることもあります。


4. エアコンの種類によって電気代は変わりますか?

エアコンの種類によって、電気代は変わります。一般的に、壁掛け型エアコンや天井埋め込み型エアコンは、窓用エアコンよりも効率が良いため、電気代も少なくなります。


5. 部屋にエアコンがない場合、扇風機だけでも快適に過ごせますか?

エアコンがない場合、扇風機だけでも一定の快適さは得られますが、暑さを完全にしのぐことはできません。特に、真夏の暑い日は、扇風機だけでは不十分です。